結婚調査で選ばれる探偵事務所

結婚調査で選ばれる探偵事務所の電話無料相談・見積もり依頼

このページでは、結婚前にパートナーへの不信感を払拭したい方に選ばれる探偵社の中から、結婚調査での実績からなる信頼度、接客対応や料金・費用面の安心感、依頼者の口コミ評判などから総合的に評価した優良探偵事務所ランキング1~3位を紹介しています。いずれもの探偵会社も、各リンク先の公式サイトにて電話(フリーダイヤル)やメールでの問い合わせに24時間365日対応しているので、いつでも安心して相談・見積もりが可能です。

 

以下の各リンク先ページでは「浮気調査」となっていますが、同じページから「結婚調査」に関するお問い合わせが行えますのでご安心ください。

響エージェント

結婚 調査 探偵

≪選ばれるポイント≫
◎弁護士が運営する探偵社(興信所)
◎調査成功率95%以上の実績・調査力
◎調査費用は業界低水準だから安心

○裁判で有利な弁護士監修調査報告書
○急な調査依頼・即日対応も可能
○国内に4拠点あり全国の調査に対応
結婚 調査 探偵

 

さくら幸子探偵事務所

結婚 調査 依頼 探偵

≪選ばれるポイント≫
◎創業30年以上の大手探偵事務所
◎熟練の女性カウンセラーが対応
◎相談実績10万件・満足度98.3%

○証拠写真の平均枚数200枚以上
○警察OB・弁護士のサポート体制
○メール相談は1分の簡単入力
結婚 調査 依頼 探偵

 

イズム興信所(ISM)

結婚 調査 見積もり 探偵

≪選ばれるポイント≫
◎関東地域から全国ネットワーク
◎裁判用の証拠収集に特化
◎分かりやすい料金体系

○相談員は夫婦カウンセラー資格保持者
○顧問相談によるアフターサポートあり
○海外の調査も対応可能
結婚 調査 見積もり 探偵

 

 

探偵事務所には結婚調査をした方がいいのか迷っているという方の相談が数多く寄せられています。結婚調査とは婚姻を考えている彼女や彼氏など恋人、お見合い相手、婚約者などの家庭環境、家族関係、生計、資産、家風、宗教などを確認するための調査です。

 

気になる結婚調査にかかる費用は調査を行う内容、期間によって料金が異なります。例えば調査対象者から両親は絶縁していると聞いたのでどういう状況か調べたいという場合ですと、婚約者の家系に対して持ち合わせている情報が少ないまま調査をはじめることになります。こういった事例に関しては期間が長くかかることもあり調査の値段が高くなってしまう場合があります。あくまで一般的な結婚調査ですと20万円から30万円くらいが目安になりますが、もちろん調査内容によって価格は変わります。

 

探偵会社では住所や氏名、勤務先が正しいかどうか、家族構成、交友関係、金銭トラブルの有無、異性関係の経歴、犯罪歴の有無などの調査を依頼する方が多いです。聞き取りや尾行など調査方法はいろいろありますが、結婚相手に調査をしていることがばれてしまうことはまずありません。具体的な調査方法や料金については事前に見積もりを取ることができるので安心してくださいね。

 

結婚してから発覚したトラブルを解決するのはとても難しいです。特に金銭問題や両親、兄弟、姉妹、親族間のトラブルというのは配偶者に取っても大きな問題になってしまう可能性があります。結婚調査ではそのような不安要素を事前に知り対処することが可能です。興味のある方はまずは無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

 

■結婚調査の方法(期間・料金相場など)について

 

・結婚調査の方法
結婚調査をする際には調査のプロである探偵や興信所に依頼をする人が増えています。それではそれらの機関ではどのような方法で調査をし、その料金はどのくらいなのかをご説明してきます。

 

まず結婚調査とは結婚前に相手にまつわる内容を調べることです。調査には様々な項目があります。結婚相手の経歴に嘘がないか確かめたい、過去に婚姻歴がないか知りたい、隠し子がいないか気になる、借金はないか等、気になる部分は人それぞれです。すべて調べておきたいという人もいれば、知りたい部分だけをピンポイントに調査する人もいます。

 

調査方法は調べてほしい内容にもよりますが、基本的には「聞き込み」や「尾行」です。聞き込みはターゲットの住んでいる場所や過去に住んでいた場所、関係の浅い知人などに聞きこむことが多い傾向です、プロならではの巧みな技で、その人の情報を聞き出します。尾行は2名体制で行われることが多く、多くても3名です。1名ではターゲットを見失う確率が高く、4名では調査料金ばかりが高くなり、成功率は2、3名の時とほとんど変わりませんので注意が必要です。ターゲットが車を利用する場合は、調査員も車両を使用します。ここで車両を使用するとオプション料として「車両費」が請求されるところが多くなっています。

 

・調査期間とかかる費用
調査期間は調査内容にもよりますが、「本人にまつわる基本的な調査」であれば5日から1週間が一般的といえるでしょう。調査員1時間あたり1万円が相場ですので、2名体制で1日6時間稼働したとして1週間の調査期間だと、調査にかかる値段は84万円です。これに車両費や移動費、ガソリン代、録画テープ代などオプションの料金が加算されます。

 

もちろん調査する内容がピンポイントなもので、調査に時間がかからなければもっと金額は抑えられますし、調査前の事前の提供情報が多ければ多いほど、調査がスムーズに進むので無駄な時間と経費のカットになります。

 

■探偵社興信所のプライバシー・個人情報の考え方と取扱い方法

 

探偵事務所は調査を依頼した人はもちろん、調査対象者になった人の情報をたくさん扱っています。もし、それらのプライバシー情報が悪用されてしまったらとても大変なことですよね。ですから探偵に相談をする時にはプライバシーポリシーをしっかり守る事業所を利用しなくてはいけません。ホームページを見た時に個人情報保護方針がしっかり明記されているかどうかをまず確認してみてくださいね。

 

また、興信所では依頼された内容に必要な範囲でしか個人の情報を収集することはありません。例えば、依頼内容とは全く関係が無いことを調べることはありません。そして、調査によって入手した情報を依頼に関係なく第三者に公開することなどもありません。しっかりとした探偵社では厳正な管理下の元入手した情報が管理されることになります。

 

このような説明がしっかりと掲載されている探偵事務所はプライバシーをとても大切に考えていますが、逆に何も説明が無いような事業所、またとにかく何でも調べるといった案内をするような興信所はおすすめできません。調査による新たなトラブルを防ぐにはとても重要なことですから忘れないでくださいね。もちろん調査で入手した情報だけでなく、調査を依頼した人の秘密もしっかり守ってもらうことができるので安心してください。

 

■結婚調査の内容(戸籍・借金・宗教等の項目)について

 

結婚前の調査

結婚は人生におけるターニングポイントです。赤の他人と家族関係になるということもあって、本人同士やその親、祖父母が興信所や探偵に結婚調査を依頼することも少なくありません。特に警察官は結婚に際し、結婚する相手に対し身元調査がなされます。それでは結婚調査はどんな内容で、どんな項目があるのでしょうか。項目別に見ていきたいと思います。

 

本人の経歴調査

受け取った身上書・釣書に記載されている内容やその人が明かしている情報に誤りがないか調べます。例えば氏名、生年月日、職歴、学歴、家族構成などです。ここで嘘偽りがあると、隠していた理由も気になりますし、大切な情報に関して嘘をつく人間だということで、人間性自体が疑われます。

 

婚姻関係の調査

結婚相手の過去の婚姻状況や子供の有無を明確にします。例えば今回が初婚だと思っていたら、実は離婚歴があったり、離婚した相手との間に子供がいたり、過去に中絶歴があったりすると、慰謝料関係や養育費関係など金銭問題で悩むこともありますし、結婚後の家族構成に影響を及ぼします。過去の婚姻歴や子供の有無は戸籍を確認すれば分かりますが、転籍や分籍をしていると、戸籍だけではわからないので、プロに頼んで調べてもらうことが必要です。

 

金銭感覚や借金の有無

例えばギャンブル癖がある、消費者金融からお金を借りている等、お金に関してだらしない部分があったら、結婚後に家庭内の資金のやりくりがうまくいかず、困ることが考えられます。借金が膨らんでしまい、どうしようもなくなると自己破産など人生設計が大幅に狂ってしまう場合もあります。お金の価値観は確認しておきましょう。

 

信仰している宗教の調査

宗教の違いで、両家に大きな溝が生まれるといったことはよく耳にします。宗教はそれほど大切で、デリケートな部分です。結婚する家がどの宗教を信仰しているか気になることもあります。そこで結婚調査として相手の家の宗教を調査したいと考えますが、その行為は基本的には違法とされています。日本国憲法第20条で宗教に関する自由が保障されており、日本国憲法第14条でそれを調査することが禁止されているのです。しかし、特例もあります。それはその宗教が「公共の福祉を害する行為」と認められた場合です。つまり過激な宗教ではないかということは結婚調査で調べられるというわけです。