結婚調査の方法

結婚調査の方法(期間・料金相場など)について

・結婚調査の方法
結婚調査をする際には調査のプロである探偵や興信所に依頼をする人が増えています。それではそれらの機関ではどのような方法で調査をし、その料金はどのくらいなのかをご説明してきます。

 

まず結婚調査とは結婚前に相手にまつわる内容を調べることです。調査には様々な項目があります。結婚相手の経歴に嘘がないか確かめたい、過去に婚姻歴がないか知りたい、隠し子がいないか気になる、借金はないか等、気になる部分は人それぞれです。すべて調べておきたいという人もいれば、知りたい部分だけをピンポイントに調査する人もいます。

 

調査方法は調べてほしい内容にもよりますが、基本的には「聞き込み」や「尾行」です。聞き込みはターゲットの住んでいる場所や過去に住んでいた場所、関係の浅い知人などに聞きこむことが多い傾向です、プロならではの巧みな技で、その人の情報を聞き出します。尾行は2名体制で行われることが多く、多くても3名です。1名ではターゲットを見失う確率が高く、4名では調査料金ばかりが高くなり、成功率は2、3名の時とほとんど変わりませんので注意が必要です。ターゲットが車を利用する場合は、調査員も車両を使用します。ここで車両を使用するとオプション料として「車両費」が請求されるところが多くなっています。

 

・調査期間とかかる費用
調査期間は調査内容にもよりますが、「本人にまつわる基本的な調査」であれば5日から1週間が一般的といえるでしょう。調査員1時間あたり1万円が相場ですので、2名体制で1日6時間稼働したとして1週間の調査期間だと、調査にかかる値段は84万円です。これに車両費や移動費、ガソリン代、録画テープ代などオプションの料金が加算されます。

 

もちろん調査する内容がピンポイントなもので、調査に時間がかからなければもっと金額は抑えられますし、調査前の事前の提供情報が多ければ多いほど、調査がスムーズに進むので無駄な時間と経費のカットになります。