結婚調査

結婚前の相手の身辺調査で選ばれる無料相談見積もり依頼窓口

このページでは、結婚前に相手への不信感を無くしたいとお考えの方のために、結婚調査の実績からなる信頼度、接客対応や料金・費用面の安心感、相談者の口コミ・評判などから総合的に評価した優良調査会社ランキング1~5位を紹介しています。いずれも、各リンク先の公式ホームページにて電話(フリーダイヤル)やメールでの問い合わせに24時間365日対応しているので、結婚調査依頼の参考になさってください。

 

以下の各リンク先ページでは「浮気調査」となっていますが、同じページから「結婚調査」に関するお問い合わせが行えますのでご安心ください。

原一探偵事務所

結婚 調査

≪選ばれるポイント≫
◎日本最大級の調査員数で全国対応
◎県庁に紹介される唯一の探偵事務所
◎調査歴40年超で10万件以上の事例あり

○証拠が取れる探偵社と弁護士が推薦
○急を要する場合の当日調査が可能
○テレビ番組への協力実績が豊富
結婚 調査

 

さくら幸子探偵事務所

結婚 調査 依頼

≪選ばれるポイント≫
◎創業30年以上の大手探偵事務所
◎熟練の女性カウンセラーが対応
◎相談実績10万件・満足度98.3%

○証拠写真の平均枚数200枚以上
○警察OB・弁護士のサポート体制
○メール相談は1分の簡単入力
結婚 調査 依頼

 

響エージェント

結婚 調査 見積もり

≪選ばれるポイント≫
◎弁護士が運営する探偵社(興信所)
◎調査成功率95%以上の実績・調査力
◎調査費用は業界低水準だから安心

○裁判で有利な弁護士監修調査報告書
○急な調査依頼・即日対応も可能
○国内に4拠点あり全国の調査に対応
結婚 調査 見積もり

 

AMUSE(アムス)

結婚 調査 探偵

≪選ばれるポイント≫
◎証拠が出なければ調査費用全額無料
◎調査員1名1時間7,500円~
◎調査員は10年以上のベテラン

○海外(国外)での調査も可能
○24時間受付・全国対応
○信頼の法人経営
結婚 調査 探偵

 

イズム興信所(ISM)

結婚 調査 興信所

≪選ばれるポイント≫
◎関東地域から全国ネットワーク
◎裁判用の証拠収集に特化
◎分かりやすい料金体系

○相談員は夫婦カウンセラー資格保持者
○顧問相談によるアフターサポートあり
○海外の調査も対応可能
結婚 調査 興信所

 

 

結婚相手の身元調査を行う結婚前調査をするのは普通のことなのか悩んだことはありませんか。実際にどのような方が婚約者の身辺調査を行っているのかといいますと、相手の発言に不信感を覚えた時、なかなか家族や兄弟と会わせてもらえない、結婚式や結納にかかる費用を立て替えて欲しいと言われた、相手の年収や職業にウソが無いか確かめておきたい、結婚の約束をしているのに何かと理由を付けて先延ばしにされてしまう、婚約しているのに相手の自宅に行ったことが無い方や、話をしているうちにつじつまが合わない所が出てきたという方が相談するパターンが多くなっています。

 

この他にも両親に結婚を許してもらうために恋人の身辺調査を行う方も多く、現在でも結婚を大切に考える方にとって結婚調査はとても重要なものになっています。父親や母親に結婚相手の家のことを調べた方がいいと言われてしまうと中には自分が信じられないのか、相手を疑うのかと気分を悪くしてしまう方もいます。しかし場合によっては後になって借金や離婚歴、中絶歴、家庭内の問題、兄弟や姉妹の犯罪歴など結婚生活において見過ごすことのできない問題が発覚してしまうこともあります。もちろん家族のトラブルは本人には関係のないことかもしれません。しかし結婚後に大きなトラブルが発覚してしまうとやはり騙されたと感じてしまう方が多いです。そして一度裏切りを感じてしまうと離婚を考える方も多くなっています。

 

こういったことを避けるには事前に結婚を考える彼氏や彼女、お見合い相手の素行調査を行うことがとても重要です。興信所や探偵事務所、調査会社などではご自身が知りたい情報に合わせ、調査対象者の身元を確認します。身辺調査にかかる費用は事前に見積もりを取ることができますし、無料相談などにも対応しています。また恋人の身元の洗いだしを行うべきか迷っているという方は、現在の状況からプロの探偵にアドバイスを貰うことも可能です。見積もりは無料になっていますから、調査をした方がいいのかもしれないという心当たりのある方は一度予約を入れてみてはいかがでしょうか。

 

■結婚詐欺を民事裁判で立証・立件する手順・方法について

 

世の中には様々な人間がいて様々な裁きを受けるべき罪があり、それによって被害者の時間とお金と労力を費やさなければならない事態になる事もあります。人の心を弄んで騙す結婚詐欺も同様で、何らかの証拠があれば訴訟や民事裁判に持ち込むことも可能のようです。

 

民事裁判でもよく争われる結婚詐欺は金銭をだまし取ったのかどうかがポイント。もし、刑事告訴を考えるのなら立件するには刑法にある“人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する”内容に触れていれば詐欺罪という罪名で立証することができます(ちなみに公訴出来る時効は7年)。刑事罰の量刑としては10年以下の懲役刑、そして罰金などとなります。しかし、結婚被害は相手の個人情報が嘘で塗り固められている場合が殆どなので住所も知らないし携帯番号を変えられていると罰則を与えたくても判決が難しいもの。金銭のやり取りが物証になるわけですが結婚詐欺師はずる賢いので口座振り込みではなく手渡しを要求して足がつかないようにするのだとか。その点からも資料を集めるのは困難ですし交際相手だから借用書なども作成していないかもしれませんね。もちろん、必要になってくる証拠収集だけでも大変なのに裁判の費用もバカにならないのです。

 

騙された本人は「結婚詐欺という罪状があるのだから絶対に訴える!」と鼻息が荒くなっているかもしれませんが、そもそも“結婚詐欺”という罪名はありませんし1人で動くには人生を無駄に過ごし兼ねません。一度、調査の無料相談・見積もり依頼で民事裁判に問えるかどうか、等を聞いて前向きな解決法を探してみてはいかがでしょうか。

 

■結婚詐欺被害の証拠となる内容証明について

 

信頼して将来を誓い合った交際相手に裏切られたら誰でも人間不信になりそうですね。しかも渡したお金が返ってこないとなると被害者に残るものは何もありません。結婚詐欺は簡単に人を騙し金品目的でいいカモに近づく卑劣な犯罪。結婚被害に遭った証拠を武器に毅然とした態度で立ち向かいたいものです。

 

結婚詐欺というのは白か黒かのボーダーラインが難しいといえるでしょう。定義は“結婚を餌にして(結婚する意志もないのに)金品を要求すること”になります。ですので、結婚前提とした交際であったという証拠と金銭被害にあたる証拠がなければなりません。例に挙げるとすれば、結婚を申し込む手紙・親族などへの婚約者としての紹介・エンゲージリングという物証、などが有力となるでしょう。また、現金の受け渡しは証明書や明細書もしくは手渡しの際でも口座から引き出した日時・金額等も大切な結婚被害の証拠となりうるのです。また、内容証明郵便も効果があります。郵便局が公的な証明をしてくれるもので、いつ・誰に対して・誰が・どのような記載の文書差出を行ったのか、を相手側に意思表示が可能となります。もし、現金の返済を求めるのであれば法的処置を考慮した内容で期日を決めて郵送できる文書です。ただ、デメリットもあり強い態度が結婚詐欺師に反感を買い問題解決が困難になる場合もあるので注意しながら作成する必要があります。

 

しかしながら、結婚詐欺の常習犯ともなれば証拠隠滅が得意で尻尾を掴まれないように工夫しています。少しでも手遅れにならないように調査の無料相談・見積もり依頼で準備しておきたいものですね。

 

■結婚詐欺被害の慰謝料請求・損害賠償について

 

人生においてまさかの出来事から人は左右されるものではないでしょうか。騙す為にターゲットに近づき金品を奪い取る結婚詐欺も同様で、渦中にいる被害者は交際相手が自分をカモにしていると気付いてしまったらそう簡単には立ち直れませんし修正が利かない場合があるのです。万が一結婚被害に遭ったのであれば慰謝料請求して少しでも精神的ダメージを穴埋めしたいですよね。

 

結婚詐欺の慰謝料請求ですが、何かしらの証明が出来なければ慰謝料はとれません。本当に相手と結婚を約束した間柄なのか(婚約したのかどうか)という部分がポイント。ですので、結婚式場の予約・結納の取り交わし・婚約指輪購入をダシに金銭要求する詐欺師も少なくないのです。気になるのが慰謝料請求の相場ですが、心の傷に値段がつけられないのが事実。という事で、いくらとは言い難いのですがおおよそ50~300万円となるようです。慰謝料請求の手段はいくつかあり、穏便に進めたい場合には示談が理想的かもしれません。その他、内容証明書で慰謝料請求する方法や弁護士を依頼して裁判する方法があります。もし、詐欺罪が認められるようであれば罰金や損害賠償が課せられるのです。ただ、この賠償金もどの程度に損害を受けたか(物を壊された・体を怪我させられた等)が物証として提出できないと無効なので慰謝料請求の全てにおいて形にして置いておくのが重要となってきます。

 

結婚詐欺という罪名はなくとも充分な犯罪。巻き込まれた自分が次のステップを踏み出す為に慰謝料請求して吹っ切れたいものですね。そのためには専門家のアドバイスがなければ一歩が出せません。お気軽に調査の無料相談・見積もり依頼をしてみる事をおすすめします。

 

■結婚詐欺の被害にあったら弁護士付の興信所に

 

哀しくも多くの犯罪が溢れる現代社会。怨恨であれば人間関係からのこじれなのかと理由が想像しやすいものですが、詐欺となると話は別。何の恨みもない相手の信用を逆手にとって騙す手口は、卑怯であり最低な行為なのです。人生を共に歩む計画のあった交際相手が結婚詐欺を働いていたのであれば精神的ダメージは計り知れないもの。弁護士を依頼してでも逆襲したい気持ちは当然といえるでしょう。

 

法律の専門家と呼ぶにふさわしい弁護士は、結婚被害のトラブルにも心強い味方。青天の霹靂である結婚詐欺への対応・解決方法がゼロの相談者を親身になってサポートしてくれます。例えば、「もしかして結婚詐欺かも・・・?」という疑問を抱いている状態でまだお付き合いが続いている場合でのポイントを教えてくれることと思います。弁護士が民事・刑事で戦うとなれば必要となるのは個人情報と証拠。ですので、相手の住所や氏名に詐称がないか、また家族構成は虚偽がないか、などが最重要項目となるのです。その他、もし結婚詐欺師に受け渡した金額の明細書や借用書・口座引き落としした日時も一つ一つの積み重ねが裁判で争う際に有利となるわけです。きちんと裁かれると損害賠償や慰謝料に結びつくので弁護士と被害者の信頼関係も大切ですよね。

 

結婚詐欺は本当に卑劣としかいいようがありません。しかし、「なぜ私が騙されたのだろう」と憔悴していても明るい未来は見えてこないのです。調査の無料相談・見積もり依頼で心の傷を少しずつ埋めていけることを切に望みます。